\ 最大8%ポイントアップ! /

シェアハウスはデメリットだらけってホント?【失敗しない選び方】

シェアハウスはデメリットだらけってホント?【失敗しない選び方】

シェアハウスは家賃が安く、刺激的な生活が送れると、近年人気が急上昇しています。

一方で、注意すべきデメリットも多数あります。

本記事では、シェアハウスのデメリットやメリット、失敗しないシェアハウス選びのポイントを解説します。

シェアハウスへの入居を決める前に、ぜひご一読ください。

目次

シェアハウスがデメリットだらけと言われる理由

シェアハウスがデメリットだらけと言われる理由

シェアハウスは一緒に生活する仲間と楽しく過ごすことができる反面、デメリットが多いと感じる人もいます。

主なデメリットは以下です。

  1. プライバシー
  2. 騒音
  3. 人間関係のトラブル
  4. トイレやお風呂が混む
  5. 友達や恋人を呼べない

プライバシー

シェアハウスで生活すると、プライバシーの確保が難しくなります。

共用部分が多いため、個人のプライベートスペースが限られてしまうのです。

例えば、リビングやキッチンは他の居住者と共有するため、周囲の目を気にして過ごすことになります。

プライバシーを重視する人にとっては、不快と感じることもあるでしょう。

プライベートスペースは不要という考えの人もいるかもしれませんが、実際に住んでみるといつの間にかストレスが溜まっていることも

シェアハウスの環境をしっかりと確認してから、選ぶようにしましょう。

騒音

シェアハウスは、他の入居者の生活音や話し声が聞こえます。

例えば、隣室の住人がテレビを大音量で聞いていたり、夜遅くに友達が遊びに来て話していたりすると、ストレスになります。

また、足音やドアの開閉音による騒音トラブルも少なくありません

騒音問題を防ぐためには、個室タイプのシェアハウスを選ぶ、防音効果のある部屋を選ぶ、入居者同士でルールを決めて騒音に配慮するなどの方法があります。

それでも完全に解決するわけではないので、騒音問題が避けられないデメリットであることは理解しておきましょう。

人間関係のトラブル

シェアハウスでは、人間関係のトラブルが発生することもあります。

さまざまな考え方や価値観を持つ人たちが共同生活を送り、顔を合わせる時間が長くなるため、どうしてもトラブルが起こりやすくなるのです。

例えば、調理器具の使い方や掃除のタイミングの意見が合わないなど、些細なことが原因でトラブルが起こることもあります。

また、共有品を自分の物のように扱ったり、共同購入した商品の支払いなどで揉めることもあるでしょう。

シェアハウスのルールを事前に確認し、コミュニケーションを大切にすることで、人間関係のトラブルを抑える必要があります。

トイレやお風呂が混む

シェアハウスでは、トイレやお風呂が混むことがよくあります。

特に朝の外出前、帰宅後などは要注意です。

全員が同じような時間帯にお風呂に入ろうとすることで、どうしても待ち時間が長くなります。

時間を無駄にしたくない人には、ストレスになることもあるので事前に理解しておく必要があります。

参考:トイレの人感センサーのデメリットとは【後悔しない?】

友達や恋人を呼べない

シェアハウスでは、友達や恋人を呼べないケースが多いです。

プライバシーや騒音などの問題が生じることを防ぐため、人を呼ぶのを禁止している場合が多いのです。

友達や恋人を呼びたくなった結果、シェアハウスを去る人も少なくないので、その点は注意しましょう。

シェアハウスのメリット

シェアハウスのメリット

シェアハウスには、メリットも多く存在します。

主なメリットは以下です。

  1. 家賃の安さ
  2. 家電の購入が不要
  3. 交友関係が広がる

家賃の安さ

シェアハウスの最大のメリットは家賃の安さです。

一人暮らしに比べて共用スペースが多いので、個人の家賃負担は軽くなります。

例えば、一人暮らしの場合、都心部では家賃が10万円以上することも珍しくありません。

一方でシェアハウスなら、5万円以内で生活できるところも多くあります。

この差額は、1年間で数十万円の節約につながります。

特に経済的な負担を減らしたい人にとっては、魅力的なメリットと言えるでしょう。

家電の購入が不要

家電の購入が不要なのも大きなメリットです。

初期費用を節約できるだけでなく、引っ越しの際の手間も軽減されます。

多くのシェアハウスでは、冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機など、生活に必要な家電が揃っています。

また家電を共用することで、電気代の節約につながり、個人の負担額も少なくなります。

交友関係が広がる

シェアハウスは交友関係を広げる機会がたくさんあります。

さまざまな職種や年齢、性格、趣味の人たちと共に生活しながら互いに刺激しあい、自然と人間関係が深まります。

具体的には以下のような機会があります。

  • 休日に一緒に出かける
  • 異なる職業の住人と繋がりができ、ビジネスチャンスが生まれる
  • 外国人入居者との異文化交流を通じてグローバルな視野が広がる

シェアハウスでの生活を楽しみ、充実させるためにも、積極的にコミュニケーションを図って新たな人間関係を築きましょう。

失敗しないシェアハウス選び

失敗しないシェアハウス選び

シェアハウスはデメリットも多いため、後悔しない選び方が重要です。

良いシェアハウス選びのポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

個室の有無

個室があると、プライベートのスペースが確保できます

そのため、プライバシーを重視する人には重要な要素です。

個室がないシェアハウスだと、自分の部屋でゆっくり過ごすことが難しく、周りの住人との接触が避けられないため、人間関係のトラブルが起こりやすくなります。

個室がないシェアハウスはコミュニケーションが活発になるというメリットもある一方、ストレスも溜まりやすくなります。

ルールの確認

シェアハウス選びにおいて、ルールは非常に重要です。

それぞれのシェアハウスには、共同生活を円滑に進めるためのルールが存在します。

例えば、喫煙の可否や掃除の当番、お風呂やトイレの使用制限時間など、ルールはさまざまです。

ライフスタイルに合ったシェアハウスを選ぶことで、ストレスなく快適な生活を送ることができます。

ルールよりも自由さが重要と感じる人もいるかもしれませんが、シェアハウスはルールがあるからこそ、個々人のプライバシーや快適な生活が守られるのです。

入居後に後悔しないためにも、ルールの確認をきちんと行い、自分に合ったシェアハウスを選びましょう。

適度な入居人数

適度な入居人数は、トラブルを回避する上で重要なポイントです。

入居人数が多すぎるとプライバシーや騒音問題が生じやすく、少なすぎると掃除などの当番が頻繁に回ってきます。

例えば、10人以下のシェアハウスだと、個々人の生活スタイルを維持しやすく、トイレやお風呂の使用も比較的スムーズに行えるケースが多いです。

もちろん大人数のシェアハウスだと楽しく交流できるというメリットもありますが、その分リスクが伴います。

角部屋を選ぶ

空きがあるのであれば、角部屋を選ぶのがおすすめです。

角部屋は隣の部屋との接点が少ないため、騒音などが少なく、プライバシーが守られやすいからです。

また角部屋は通常、窓が2つ以上あるため、換気や日当たりが良く、快適に過ごしやすいことが多いです。

よくある質問と回答

シェアハウスに関するよくある質問や疑問にお答えします。

シェアハウスに向いてるのはどんな人?

コミュニケーションを取るのが好きで、人間関係を大切にし、共同生活に柔軟に対応できる人が向いていると言えます。シェアハウスは他人と共に生活する空間であり、コミュニケーション能力や人間関係を築くスキルが重要となります。また、共同生活ではルールを守ることが求められ、適応力も必要です。

シェアハウスに住んで後悔しない?

後悔しないかどうかは、個人の価値観や適応力に大きく左右されます。

一般的に、プライバシーや静かな環境を求める人は後悔する可能性が高いです。自分にとってどの程度のデメリットが許容範囲内か、またどんなメリットがあれば後悔しないか事前に検討しておくことで、充実した生活を送ることができます。

友達と一緒に入居するのはあり?

お互いに理解し合い、協力し合える関係であれば問題ありません。

友達と一緒に入居することで、助け合いながら過ごすことができます。例えば、お互いに忙しい時期が重なった時に、買い物や料理をお願いし合うことができます。

まとめ:シェアハウスは必ずしもデメリットだらけではない

まとめ:シェアハウスは必ずしもデメリットだらけではない

本記事では、シェアハウスのデメリットやメリットをご紹介し、失敗しないシェアハウス選びのポイントについて解説しました。

交友関係を広げて、今後の人生を豊かにしたい人は、ぜひ一度入居を検討してみていただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チェスコのアバター チェスコ デメリット調査員

コンサルタントとして働く副業ブロガー。
世の中のデメリットを徹底調査し、真に価値のある商品やサービスに出逢っていただけるよう、日々有益な情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次