\ 最大8%ポイントアップ! /

【意外な事実】筋トレ後のサウナのメリットとデメリットを解説

筋トレ後のサウナ

筋トレ後のサウナって危なそう」、「筋トレの効果が弱まったりしない?

本記事ではそのような疑問を持っている人に向けて、筋トレ後のサウナの効果やメリット・デメリットについて解説します。

結論、しっかりと注意点を守っていれば、筋トレ後のサウナは何も問題ありません

ぜひ本記事の内容を参考に実践してみてください!

目次

筋トレ後のサウナの4つのメリット

運動後のサウナの4つのメリット


筋トレ後のサウナには、様々な効果があります。

筋トレ後にサウナに入るメリットを4つご紹介します。

  1. 筋肉の疲労回復
  2. 心臓・血管のリスク軽減
  3. ダイエット効果
  4. ストレス軽減効果

筋肉の疲労回復

サウナは、筋トレによって痛んだ筋肉への血流を促進し、体全体のバランスを整える効果があります。

また体内の毒素が排出されることで、筋肉の疲れを和らげることができます。

そのため、筋トレで疲れた体をすぐに回復させたい人には、サウナはおすすめです。

心臓・血管のリスク軽減

定期的にサウナに入ることで、高血圧や脳卒中など、心血管疾患のリスクを軽減することができます。

サウナで体を温めることで心血管系をリラックスさせることができ、心血管系の健康改善の効果が得られます。

ダイエット効果

サウナを含む温熱療法は、代謝を高め、運動中の脂肪燃焼を促進します。

その結果として、ダイエット効果が得られるのです。

また体温が上昇すると汗をかきやすくなり、体内での水分貯留、すなわちむくみを抑えることもできます。

ストレス軽減効果

筋トレ後のサウナ利用には、ストレス解消の効果もあります。

サウナには温熱療法の効果があるため、単にリラックスできるだけではなく、落ち込んでいる時の憂うつな気分を軽減することができます。

筋トレ後のサウナの3つのデメリット

筋トレ後のサウナのデメリット

筋トレ後のサウナには、少なからずデメリットもあります。

主なデメリットは以下です。

  1. 脱水症状
  2. 筋肉痛の悪化
  3. 肌の乾燥や炎症

脱水症状

運動後のサウナで最も注意なければいけないのが、脱水症状です。

筋トレによってすでに体内の水分が失われているところ、更にサウナで汗をかくため、十分な注意が必要です。

サウナに入る前と後の両方で、水分をたくさん摂るようにしましょう。

またサウナに長時間入り、体温が上がりすぎると、逆に血流が悪くなったり、体がだるくなることがあります。

筋トレ後にめまいやふらつきを感じた場合は、少なくとも1時間程度時間を空けてからサウナを利用するようにしましょう。

筋肉痛の悪化

ひどい筋肉痛の場合、筋トレ後にサウナに入ることで筋繊維が柔らかくなり、筋肉痛を悪化させる場合があります。

対策として、筋トレ後にストレッチとクールダウンを十分に行っておくことが有効です。

肌の乾燥や炎症

サウナに入る際、体内の水分量が不足していると、肌の乾燥や炎症が引き起こす場合があります。

なのでサウナから出たらすぐにローションを塗るなど、肌を乾燥から守るようにしましょう。

筋トレとサウナの順番はどうすべき?

筋トレとサウナの順番はどうすべき?

多くの人は、筋トレで疲れた後にサウナに入るかと思います。

実は、筋トレとサウナの適切な順番は目的によって変わります

サウナ→筋トレ の順番

先にサウナに入ることで、筋トレ前に筋肉を温めることができます。

そうすることで、筋肉の柔軟性が高まり、ケガの予防になります

またサウナによって血流が促進されることで、筋肉に対して効率的に酸素や栄養を補給することができるようになります。

その結果、筋トレの効果を高めることができるのです。

筋トレ→サウナ の順番

筋トレの後にサウナに入ることで、疲れた体の疲労を軽減することができます

サウナで筋肉を温めることで、血流が促進され、筋肉を効率的にリラックスさせることができます。

筋トレ後のサウナの注意点

筋トレ後のサウナの注意点

疲労回復の手段として、近年アスリートの間でもサウナの人気が高まっています。

一方で、準備不足のままサウナに入ったり、筋トレ後に長くサウナを利用すると様々なリスクがあります。

  1. 脱水症状のリスク
  2. 目のかすみ
  3. 体温の急上昇

脱水症状のリスク

繰り返しにはなりますが、最も注意すべきは脱水症状のリスクです。

サウナに入る前には、冷たい飲み物で水分補給することが重要です。

そうすることで、体内温度のバランスが保たれ、めまいや筋肉疲労などの脱水症状を防ぐことができます。

運動後のサウナはあまり長時間入らないようにしましょう。

どの程度激しい筋トレを行なったかにもよりますが、サウナの時間は長くても20~30分程度で十分といえます。

体温が上がりすぎるとナトリウム不足の状態に陥る可能性があります。

筋トレで大量に汗をかいた場合は、サウナもほどほどにしましょう。

目のかすみ

サウナによって目のかすみが生じることが知られています。

具体的には、15分以上など長時間高温の環境にいると、目のレンズが脱水し、一過性近視と呼ばれる目が見えにくい状態に陥ります。

体温の急上昇

サウナで体温が上がった後、体を十分に冷やすことができないと、脈が速くなったり、吐き気、頭痛、筋力低下などの症状を引き起こす場合があります。

熱中症になった場合、健康に重大な影響を及ぼす可能性もあります。

サウナ中に頭がぼーっとしたら、すぐに休憩を取るように心がけましょう。

筋トレ後のサウナに関するよくある質問

筋トレ後のサウナに関するよくある質問にお答えします。

筋トレ後は何時間空けてからサウナに入るべき?

筋トレ後にサウナに入る場合は、少なくとも30分程度は時間を空けるようにしましょう。

筋トレにより筋肉には、ダメージが蓄積しています。なのでサウナに入って急な体温上昇を起こす前に、一定時間休息を取る必要があります。

サウナに入ると筋肉が落ちるって本当?

サウナに入ったことが原因で筋肉が落ちることはありません。

まとめ:筋トレ後のサウナはデメリットもあるが効果あり

筋トレ後のサウナに関するよくある質問

本記事では、筋トレ後にサウナに入ることのメリットやデメリットについて解説しました。

脱水症状にならないよう対策さえしっかりすれば、筋トレ後のサウナは非常に多くに効果が高いリラックス方法といえます。

本記事の内容も参考にして、健康的な生活を送りましょう!

参考:朝に筋トレを行うメリットとデメリット【正しくやらないと危ない】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チェスコのアバター チェスコ デメリット調査員

コンサルタントとして働く副業ブロガー。
世の中のデメリットを徹底調査し、真に価値のある商品やサービスに出逢っていただけるよう、日々有益な情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次