\ 最大8%ポイントアップ! /

朝ランニングするデメリットとは?【向いている人も解説】

朝ランニングするデメリットとは?【向いている人も解説】

「朝ランニングしたら日中疲れちゃうから良くないかな」、「どのような人が向いてるんだろう」

夜仕事で運動の時間が取れない人は、朝からランニングするのも一つの手です。

結論から言うと、朝のランニングには少なからずデメリットもあります

本記事を読めば、自分が早朝のランニングに向いているか判断できます。

目次

朝ランニングする4つのデメリット

朝ランニングする4つのデメリット

朝のランニングは、健康のためにも非常に有意義な活動です。

ただ、少なからずデメリットが存在するのもまた事実。

ここでは、朝にランニングをすることの4つのデメリットをご紹介します。

  1. 睡眠不足
  2. ウォームアップ不足による体への負担
  3. エネルギー不足
  4. 疲れの蓄積

睡眠不足

朝からランニングをするには、早起きしなければいけません。

規則正しい生活をしている人ならいいですが、睡眠時間を削って無理に朝起きる生活を続けていると、セロトニンという体内物質が減少し、心が不安定になったり、集中力が低下するなど、日常生活に悪影響を及ぼす可能性があります。

ウォームアップ不足による体への負担

早朝に体が冷えている状態でランニングをすると、筋肉に負担がかかり、怪我をするリスクがあります。

ランニングの前には、必ず準備運動をして体をほぐすようにしましょう。

エネルギーの不足

早朝の空腹時に運動をすると、カロリーが消費され、日中のエネルギーが不足してしまう可能性があります。

ランニング後もしっかりと活動できるよう、できるだけランニング前に朝食をとるようにしましょう。

疲れの蓄積

睡眠不足や十分な休暇が取れていない状態でランニングを行うと、日に日に疲労が蓄積します。

疲労の蓄積は、心拍数の乱れや、汗をかくことによる脱水症状、熱中症など、様々な症状を引き起こす原因になります。

疲れが溜まっていると感じたら、こまめに休憩を取るようにしましょう。

朝ランニングする3つのメリット

朝ランニングする3つのメリット

早起きしてランニングをすることで、生活にメリハリをつけることができ、1日中明るい気持ちで過ごすことができます。

ここでは、朝に走ることの3つのメリットをご紹介します。

  1. 生産性の向上
  2. 集中力の向上
  3. 睡眠の質が高まる

生産性の向上

朝の時間帯に適度なランニングをすることで、ストレスや疲労を軽減し、集中力を維持しやすくなります。

また「朝起きる→ランニングする→仕事」というサイクルが習慣づくと、自然と体が仕事モードに入るようになります。

その結果、仕事の生産性向上にもつながります。

集中力の向上

ランニングを行うと、幸福感を高める効果があるエンドルフィンというホルモンが分泌されます。

気持ちが上向きになり、1日中ポジティブな状態で活動できるようになります。

その結果、集中力も持続しやすくなるのです。

睡眠の質が高まる

ランニングをすると体に適度な疲労感が溜まります。

また体を動かすことで、ストレス軽減にもつながります。

その結果、夜も寝つきやすい状態になり、睡眠の質が高まるのです。

朝ランニングするには、何時に起きれば良いか

朝ランニングするには、何時に起きれば良いか

ランニングをする前には、体を温め、十分なウォーミングアップをする必要があります。

そのため、ランニングをする1時間前には起床するように心がけましょう。

寝坊しがちな人は、仮に起きれなかったとしても朝のランニングを諦めるのではなく、翌日その分長めに走るなど工夫すればOKです。

大事なことはモチベーションを保ち、長くその習慣を続けることです。

朝のランニングに向いている人

朝のランニングに向いている人

朝のランニングに向いている人は、以下のような人といえます。

  1. 早起きな人
  2. 生活リズムが安定している人
  3. 家の近くにランニングに適した環境がある人

夜型の人が無理に朝からランニングをしようとしてもなかなか続きません。

毎日規則正しい生活を送れるようになってから、少しずつ習慣づけていきましょう。

ランニングの内容も、自分に合った形に調整することが重要です。

ゆっくりとしたペースで長距離走るのが好きな人もいれば、坂道や短距離のスプリントを好む人もいます。

高い負荷でランニングを行い人は、より多くのエネルギーを消費するため、早朝よりも遅めの時間を選んだ方が良いでしょう。

朝のランニングに関するよくある質問

朝のランニング後にまた寝てもいい?

問題ありません。
朝のランニングは、多くのエネルギーを消費するため、二度寝することで体をリラックスさせることができます。ただし、睡眠のサイクルが不規則になるため、夜なかなか寝付けないようであればやめた方がいいでしょう。

ランニング時に注意すべきことは?

運動後は十分な休憩時間(少なくとも1時間)を取り、水分補給をしましょう。
また1日のどこかの時間で、音楽鑑賞や読書などリラックスする時間を確保するのが理想です。

まとめ:朝のランニングはデメリットもあるがおすすめ

まとめ:朝のランニングはデメリットもあるがおすすめ

本記事では、朝にランニングをすることのメリットやデメリット、向いている人などについて解説しました。

朝のランニングは体に良く、メリットが多いです。

朝に強い人はぜひ習慣にしてみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チェスコのアバター チェスコ デメリット調査員

コンサルタントとして働く副業ブロガー。
世の中のデメリットを徹底調査し、真に価値のある商品やサービスに出逢っていただけるよう、日々有益な情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次