\ 最大8%ポイントアップ! /

プラスチック水筒のデメリットとは【危険ってホント?】

プラスチック水筒のデメリットとは【危険ってホント?】

プラスチック水筒はその軽さや強度、バラエティ豊かなデザインから、多くの人が利用しています。

ただその裏には、意外と知られていないデメリットも存在します。

本記事では、プラスチック水筒のメリットやデメリット、選ぶ際のポイント等について解説します。

新しい水筒を買う前に、ぜひご一読ください。

目次

プラスチック水筒のデメリット

プラスチック水筒のデメリット

プラスチック水筒の主なデメリットは、以下の3点です。

  1. 保温・保冷力が低い
  2. 臭いがつきやすい
  3. 壊れやすい

保温・保冷力が低い

プラスチック水筒は、ステンレス製の水筒と比べて、保温・保冷の性能が低いです。

プラスチックは熱伝導性が低く、熱が外部へ逃げやすい性質があります。

そのため、中に入れた飲み物が比較的すぐに常温に戻ってしまいます。

例えば、暑い夏の日に朝に入れた冷たい麦茶も、プラスチック製の水筒に入れてしまうと、すぐにぬるくなってしまうのです。。

このように飲み物を入れたての温度で楽しみたい人には、デメリットとなります。

臭いがつきやすい

プラスチック水筒のデメリットの1つに、繰り返し使用すると臭いがつきやすいという点が挙げられます。

プラスチックは細かな傷がつきやすく、傷の間に水分や汚れが溜まりやすい傾向があります。

この傷が雑菌の繁殖や臭いの原因となります。

例えば、コーヒーに含まれるタンニンという成分が傷の中に残存する場合があります。

そして、この残存した成分が時間と共に酸化し、独特な臭いを発生させるのです。

水筒に水を入れたはずが、微妙にコーヒー臭がする。このような経験もあるかと思います。

このように、プラスチック水筒は完全に臭いを除去するのが困難な場合があるという点もデメリットとなります。

壊れやすい

プラスチック製の水筒は、物理的な衝撃に対して弱いです。

落としてしまったり、重いものに挟まれたりすると簡単にひびが入ります。

また、温度変化にも弱く、熱い液体を入れたり、冷凍庫に入れることで形が変わってしまうこともあります。

壊れないように扱うには、いくつか注意点があります。

  • バッグの中で他の重いアイテムと一緒にしない
  • 落とさないよう紐付きのものを選ぶ
  • 高温の液体を入れない

上記ポイントに注意して使うようにしましょう。

プラスチック水筒のメリット

プラスチック水筒のメリット

プラスチック水筒の主なメリットは、以下の3点です。

  1. 軽量で持ち運びしやすい
  2. 種類が豊富で自分好みのデザインを選べる
  3. 値段が安い

軽量で持ち運びしやすい

プラスチック水筒の利点として、「軽量で持ち運びしやすい」という特徴が挙げられます。

プラスチックは金属よりも軽量であるため、アウトドアやスポーツなどの場面で手軽に携帯できます。

プラスチック水筒の軽さは、様々な生活シーンでその効果を発揮します。

例えば、ジョギングやウォーキングといった運動中、長時間の買い物や観光、さらに子供たちが学校での授業や外でのピクニックで使う際にも、その軽さは非常に魅力的で便利な要素となります。

他にも、移動が多い営業マンや、重い書類や資料を持っている方にとって、プラスチック水筒の軽さはメリットになります。

種類が豊富で自分好みのデザインを選べる

プラスチック水筒は、種類が豊富で、好きなデザインを自由に選択できるというメリットがあります。

スポーツを行う際の利用から、カジュアルな日常使い、子供用からオフィスワーカー向けまで、用途に合わせたデザインが豊富に揃っています

また、キャラクターのデザインや季節限定のデザインなど、一部のメーカーでは特定のターゲット層向けの魅力的な商品も展開しています。

例えば、子供用のプラスチック水筒では、人気キャラクターや動物の形をした楽しくかわいらしいデザインが非常に多いです。

その他にも大人用のスタイリッシュなデザインなど、様々なライフスタイルや個性を反映したデザインが豊富に揃っています。

自分のスタイルに合った一品を見つけましょう。

値段が安い

プラスチック水筒は、低価格であり、手軽に購入しやすい商品です。

プラスチック水筒は金属製の水筒に比べ、製造や加工が簡単であり、それが価格に反映されています。

例えば、一般的なプラスチック水筒は大容量でも、1,000円程度から購入できます。

一方で、同じ容量のステンレス製の水筒、大体3,000円程度と、価格にさがあります。

そのため、学校やオフィス、アウトドア用にも気軽に購入することができ、予算が限られている学生など、幅広い層に選ばれています。

プラスチック水筒選びのポイント

プラスチック水筒選びのポイント

非常に種類が多く、購入時にどれを買うべきか迷ってしまうプラスチック水筒。

本章では、理想の水筒を見つけるための重要なポイントを解説します。

飲み口の形状

水筒選びにおいて、飲み口の形状は重要です。

飲み口の形状は、飲みやすさや使い勝手に直結します。

具体的には以下のようなタイプが存在します。

  • 直飲みタイプ
  • ストロータイプ
  • カップタイプ

直飲みタイプは、手軽に飲むことができ、運動中や移動中にも便利です。

一方で飲み物が直接口に入るため、熱々の飲み物やスープは飲みづらい点に注意が必要です。

口元が広いカップタイプは、熱い飲み物を飲むのにも適してます。

ただし、しまう際にクルクルと回すタイプのものが多く、面倒に感じる人もいます。

最後にストロータイプは、子供が使用する場合や運転中など、飲み物をこぼす可能性があるシーンに適しています。

容量

水筒を選ぶ際は、用途やライフスタイルに合わせて適切な容量を選ぶことが大切です。

普段から大量の水分を摂取する必要がある人、運動をする人などは、より大きな容量を持つ水筒を選ぶのが良いでしょう。

一方で、軽さを重視する人や出先でこまめに水分補給ができる環境にいる人は、小さめの容量で問題ありません。

水筒をバッグに入れて持ち運ぶことが多い場合は、300ml~500ml程度の小さいサイズだとバッグ内のスペースも広く使え、重量も気になりません。

一方で、アウトドアで使う場合や運動会等、大量の水分摂取が必要な場合は、1L以上の容量があるものが適しているでしょう。

価格と品質のバランス

もう1つ重要なのが、価格と品質のバランスです。

水筒の素材や製造方法、ブランドなどにより高価になります。

ただし、高品質な素材を使用していても、手入れが難しい、容量が足りないなど、自分のニーズに合わなければ意味がありません。

一方で、安すぎる水筒も落としたときに割れやすい、臭いがこびりつきやすいなどのデメリットがあるでしょう。

用途に合わせたコストパフォーマンスの良い水筒を選ぶようにしましょう。

おすすめのプラスチック水筒

ここで多くの人に愛されている人気のプラスチック水筒を2つご紹介します。

シンプルな大人向け

大人の方であれば、見た目もおしゃれで機能性も高いこちらの商品がおすすめです。

シンプルで飽きが来ないデザイン。Amazonでも圧倒的な人気ぶりです。

また高い人気を誇っている理由は、その洗いやすさにあります。

飲み口が広い分、簡単に洗え、洗い残しもありません。

値段もリーズナブルなので、迷ったらこちらを購入しておけば間違いないでしょう。

かわいいデザインの子供向け

子供向けの中でも人気なのが、ピカチュウのデザインの水筒です。

見た目の可愛らしさに加え、480mlというサイズ感やワンタッチで使える手軽さなど、子供にぴったりの水筒となっています。

ピカチュウが好きな子供であれば、失敗のないイチオシの商品です。

よくある質問と回答

プラスチック水筒に関するよくある質問にお答えします。

衛生面や雑菌の繁殖は大丈夫?

適切な手入れと注意を払えば問題はありません。

ただし、水筒に水分が残った状態で長時間放置すると雑菌が繁殖する可能性があります。定期的に水筒全体をぬるま湯と中性洗剤で洗い、しっかりと乾燥させましょう。

臭くなったらどうすればいい?

特に臭いが気になる場合は、重曹が有効です。水に混ぜて水筒に入れ、一晩置くだけで、臭いを吸収してくれます。この方法であれば、化学物質を使わずに安全に臭いを取ることが可能です。また、毎回の洗浄後には水筒の蓋を開けた状態で保管することで、内部が湿ったままとなり雑菌が繁殖するのを防ぐことができます。

まとめ:プラスチック水筒はデメリットもあるが便利

まとめ:プラスチック水筒はデメリットもあるが便利

本記事では、プラスチック水筒のメリットやデメリット、選ぶ際のポイントなどについて解説しました。

プラスチック水筒は、持ち運びもしやすく使いやすいのが魅力です。

値段もお手頃なので、ぜひ気に入ったデザインのものを見つけましょう!

参考:粉末緑茶のメリット・デメリットを分かりやすく解説【効果的な飲み方も】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チェスコのアバター チェスコ デメリット調査員

コンサルタントとして働く副業ブロガー。
世の中のデメリットを徹底調査し、真に価値のある商品やサービスに出逢っていただけるよう、日々有益な情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次